鶴岡ガス株式会社

よくある質問  ご意見・お問合せ

トップ > 産業用のお客さま > ガス料金のご案内

ガス料金のご案内

大口供給契約

ガス事業法施行規則第1条第7項の大口供給は、弊社とお客さまが、ガス価格・数量・契約期間を直接取り決める事ができるものです。

1の供給地点についての契約年間使用量が10万m³以上(46MJ)のお客さまを対象とします。

選択約款契約

産業・業務用ボイラーパッケージ契約

ボイラーをご使用のお客さま向けの料金メニューです。

[適用条件]
  1. 都市ガスを熱源とするボイラー(※1)を使用していること。
    他のガス機器(厨房機器や空調機等)のご使用分も併せてご契約が可能です。
  2. お客さまの年間のガス使用量が25,000m³以上であること。
    → 都市ガス25,000m³は、A重油では30,000L、灯油では31,500L、プロパンガスでは11,500m³に相当します。
  3. 契約年間負荷率(※2)が50%以上であること。

※1:定格出力(機器容量)が37.6kW以上のもの。
※2:年間の月平均使用量を最大需要期(12月~4月)の平均使用量で除したもの。

◎ 産業用ボイラーパッケージ契約料金表
 定額基本料金
(1ヶ月当り)
流量基本料金単価
(1m³当り)
従量料金単価
(1m³当り)
2019年10月検針分2,592.00円950.40円 75.19円
[料金の計算方法]

定額基本料金 +(流量基本料金単価×契約最大使用量)+(従量料金単価×ガス使用量)

産業・業務用契約
[適用条件]
  1. お客さまが産業・業務用の使用量を算定する専用のガスメーターが設置されていること。
  2. お客さまの年間のガス使用量が50,000m³以上であること。
    → 都市ガス50,000m³は、A重油では60,000L、灯油では63,000L、プロパンガスでは23,000m³に相当します。
  3. 契約年間負荷率(※2)が50%以上であること。

※2:年間の月平均使用量を最大需要期(12月~4月)の平均使用量で除したもの。

◎ 産業・業務用契約料金表
 定額基本料金
(1ヶ月当り)
流量基本料金単価
(1m³当り)
従量料金単価
(1m³当り)
2019年10月検針分 冬期
(12月~4月)
14,256.00円432.00円 133.51円
2019年10月検針分 その他期
(5月~11月)
14,256.00円 432.00円 117.31円
[料金の計算方法]

定額基本料金 +(流量基本料金単価×契約最大使用量)+(従量料金単価×ガス使用量)

原料費調整制度

ガス料金は1ヶ月ごとに変わります。

原料費調整制度は、為替レートや原油価格などによって変動する原料費の変化を、ガス料金に迅速に反映するための制度で、1ヶ月ごとに原料費に応じた 料金の見直しがはかられます。また、ガス料金の計算式をあらかじめ公表し、基準となる原料価格と、1ヶ月ごとの平均原料価格も広く公表される通関統計値を 用いるなど、透明性の高いしくみとなっています。

原料費調整により今回(2019年10月検針分)の従量料金単価は前回(2019年9月検針分)の料金と比較して税込みで-0.83円となります。

⇒ 詳しくは鶴岡ガス本社までお問合せください。

ページのトップへ戻る