寒い日は、湯沸器・給湯器・風呂釜の 凍結に気をつけましょう!

  • 寒い日は、湯沸器・給湯器・風呂釜の
    凍結に気をつけましょう!
    凍結予防例はこちら

  • 排気筒が折れたり
    給排気口・バランス型風呂釜FF型温風暖房器等
    給排気筒が雪に埋まると、給排気不良になり
    酸欠や一酸化炭素中毒の恐れがあります。
  • 小型湯沸器をお使いの時は、換気扇をまわすなど
    必ず換気をしましょう。
  • ストーブをお使いの時は、ときどき窓を開け換気しましょう。
  • 屋外のガスメーターや、ガス管が雪の下で 折損しますと
    漏れたガスが滞留して、思わぬ事故になります。
  • 露出のガス管や下水溝(用水)に渡してあるガス管
    雪の重みで折れる事があります、時々点検しましょう。
  • ガス管が折損した時、又は道路上や屋外でガスの臭いに
    気づいた時は、火気・電気に充分注意の上


    夜中でもすぐにお知らせ下さい。電話25-0011