地震のとき・メーター復帰

地震が発生したら

身の安全を確保

机の下などに身を隠し、座布団や雑誌などで頭部を保護します。

揺れがおさまったら

ガス機器の火を消し、電気器具のコードはコンセントから抜きます。
地震で大きく揺れているときは危ないので火に近づかないようにして下さい。

ガスのニオイがしたら

火をつけたり換気扇や電気のスイッチには絶対に触らないで下さい。
窓や扉を開けて換気してください。

ガスをふたたび使うときは

地震がおさまって、ガス臭くなかったら、元栓を開けて使用することができます。
ガスが出ない時は、マイコンメーターの点滅を確認し、復帰操作をして下さい。

お困りのとき「ガスがでないとき」

マイコンメーターの復帰手順(都市ガス)

必ずガス臭くないことを確認してから復帰を行ってください。

◎ガスが止まって、マイコンメーターの赤いランプが点滅していたら以下の手順で作業をしてください。

13Aメーター 全てのガス器具の使用を止め、器具のそばにあるガス栓を閉めてください。(屋外の器具も忘れずに)
ただし、メーターガス栓は閉めないでください。
復帰ボタンのキャップを外し、ボタンを奥までしっかり押して、ランプの点灯を確認したらすぐに手を離してください。
約3分間お待ち下さい。
この間、ガス機器は使用しないでください。
ランプの点滅が終わったことを確認してからガスを使用してください。
点滅中にガス器具を使用するとまたガスが遮断されてしまいます。

マイコンメーターの復帰手順(プロパンガス)

プロパン用メーターは液晶にエラーコードが表示され遮断の理由をしることができます。

PGメーター 全てのガス器具の使用を止め、器具のそばにあるガス栓を閉めてください。(屋外の器具も忘れずに)
ただし、メーターガス栓は閉めないでください。
復帰ボタンを押して、エラーコードが消えるまでお待ち下さい。
約3分間お待ち下さい。
この間、ガス機器は使用しないでください。
点滅が消え再度エラーが出なければ、ガスを使用できます。
点滅中にガス器具を使用するとまたガスが遮断されてしまいます。