身近な食材で健康メニュー

平成30年9月27日(木)管理栄養士の阿部美枝子さんをお迎えし、

「身近な食材で健康メニュー」料理教室を開催しました。

 

本日のメニューは 【いろいろ茸ごはん】 【鮭とじゃがいものクリームスープ】

【塩麹で鶏ハム】 【甘酒ゼリー】 【旬のフルーツ盛り合わせ】 の計5品。

 

これまで料理教室では、さまざまな炊き込みごはんを作ってきました。

今日は旬のきのこがたくさん入った【いろいろ茸ごはん】。

 

ところで、ガスコンロの『炊飯機能』はご存知ですか?

時間を計るのは面倒・・・。

火力調整が難しい・・・。

炊飯に関するこんなお悩みも、コンロの『炊飯機能』を使えば解決です。

使い方は簡単!

洗ったお米を分量の水に30分ほど浸しておき、専用の炊飯鍋で火にかけるだけ。

時間を計ったり、火力を調整したりする必要はありません。

3合なら20分くらいで、かまどで炊いたようなふっくらとしたお米に仕上がります。

もちろん、炊き込みごはんも美味しく炊き上がりますよ。

 

 

鶏ハム(写真左)とベジブロス(写真右)

 

塩麹だれを指導する阿部先生(写真中央)

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、ベジブロスを使った鮭とじゃがいものクリームスープづくり。

「ベジブロス」とは野菜の皮、種、へたなど、いつもなら捨ててしまうような

いわゆる”野菜くず”で煮出しただしのことを言います。

この「ベジブロス」には、抗酸化作用があり、また免疫力を向上させる効果も

あるファイトケミカルという成分が豊富に含まれています。

野菜の細胞内にあるファイトケミカルは、加熱によって細胞外へ溶け出す

性質があり、生野菜ジュースよりも効率的に摂取できるそうです。

作り方は、昆布だしと野菜くずを中火で沸騰させ、酒と塩を少々加えて

弱火で20分ほどあくを取らずに煮出したのち、ザルでこします。

たったこれだけ。

野菜の栄養が十分に溶け込んだ黄金のだし「ベジブロスは、

和洋中どんな料理にも合うそうですよ。

 

ポリ袋で真空調理した鶏ハムは驚くほどやわらか!

お財布にも体にもやさしい健康メニュー

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、塩麹や甘酒などの発酵食品や、ベジブロスを使うことで

調味料を減らし、素材そのもののうまみを活かす調理方法を学びました。

野菜を無駄なく使い、栄養価も高く、体にもよい。

しかも美味しい!

日頃のメニューにぜひ取り入れていきたいですね。