初めてのフレンチ

平成30年9月11日(火)「初めてのフレンチ」教室を開催しました。

講師は鶴岡市大塚町のイタリアンフレンチレストラン

「recolte」のオーナーシェフ難波英城氏。

本日のメニューは

【秋刀魚(さんま)と秋茄子(あきなす)のトマトソース】

【南瓜(かぼちゃ)のポタージュスープ】

【シャインマスカットとクリームチーズムース】 計3品。

 

まず始めはデザートのムースづくり。

湯せんで柔らかくしたクリームチーズにグラニュー糖、ゼラチン、ヨーグルトを加え、

柔らかめに泡立てた生クリームにグラニュー糖をよく混ぜたものを3回に分けて

丁寧に混ぜ合わせます。

最後にレモン汁を加え、器に絞りいれて冷蔵庫で冷やし固めます。

ヨーグルトやレモン汁の酸味をきかせることで、後味がすっきりとした

おいしいムースに仕上がるそうです。

仕上げに、大粒の鶴岡くしびき産”シャインマスカット”を飾って出来上がり。


シャインマスカットは2006年に品種登録されたばかりの高級ブドウ。

大粒で、マスカットの香りと高い糖度、そして何よりも皮ごと食べられるという

特徴があり、とても人気の高いブドウです。

 

今回はガラスの器に盛り付けましたが、タルト生地を使ってもいいそうですよ。

季節のフルーツでフルーツタルト、いかがでしょうか。


難波シェフ(写真右)よりムース作りのコツを学ぶ

秋刀魚は火の入りすぎに注意!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、南瓜のポタージュスープ、パスタづくりを難波シェフより

デモンストレーションを行いながら、指導いただきました。


秋刀魚は3枚におろし、カットしたものに塩、こしょう、小麦粉をまぶし、

にんにく、アンチョビ、赤唐辛子とともに火を通します。

秋刀魚は火を通し過ぎると崩れやすい。

さっと火を通したら秋刀魚だけ取り出し、ナスを焼き、トマト缶を入れた後

しばらく煮たのち、最後に塩・こしょう、オリーブオイル、茹で汁で味を整えます。

今日は生パスタを使い、茹で時間も短縮で完成です。

お店ではひと手間加え、燻製にした秋刀魚(さんま)を使うそうです。

燻製秋刀魚(さんま)を使ったパスタ、ぜひ味わってみたい :lol:

秋刀魚の3枚おろしに挑戦です

南瓜スープは砂糖を入れておいしさアップ!

 

 

 

 

 

 

 

 

秋刀魚(さんま)に秋茄子(あきなす)、南瓜(かぼちゃ)、

デザートのシャインマスカット・・・。

秋づくしのメニューに心もおなかも大満足の料理教室でした。