季節を楽しむおうちごはん

7月5日(木)管理栄養士の小林恵美先生をお迎えして、旬の食材を使ったおうちごはん

料理教室が開催されました。

本日のメニューは【トマトの炊き込みごはん】 【庄内の魚でアクアパッツァ】

【夏野菜のビールフリット】 【南禅寺のカプレーゼ風】 【パインのドラム缶】

アクアパッツァにフリット、カプレーゼ・・・メニューだけ聞くと、

手が込んだ料理で難しそう :roll:

どんなおうちごはんが出来上がるのでしょうか。

 

南イタリアの代表的な魚介料理である『アクアパッツァ』は、漁師が船の上で

獲れた魚を海水で煮込んだことがルーツの料理だそう。

本日用意いただいた魚は、庄内浜で水揚げされたばかりの』。

きれいに形のそろった鯛が並ぶと、生徒の皆さんのテンションも上がります。

下処理をした鯛は、オリーブオイルで両面を焼き、あさり、トマト、にんにくを加え、

白ワインで煮込む・・・手間をかけずに大変豪華な一皿の完成です。

切り身の魚は普段の食卓に。

丸ごと1匹は、お客様を招いたおもてなし料理にいかがでしょうか。

南禅寺豆腐をモッツァレラチーズに見立てて

フリットはノンアルビールを使ってカラッと

 

 

 

 

 

 

 

 

『カプレーゼ』は、スライスしたトマトの、モッツァレラチーズの、バジルの

イタリア国旗の色合いのサラダです。

今日は、チーズの代わりに、庄内の夏の味覚として親しまれる南禅寺豆腐を使います。

南禅寺豆腐にこんな食べ方があったのか!驚きです 8-O

シンプルながら、華やかな見た目。こちらもおもてなし料理にぴったりですね。

 

パインのドラム缶?!

デザートにしては奇抜なネーミング。生徒の皆さんも興味津々。

まず、鍋に同量の水でふやかしておいた粉寒天を火にかけ、

沸騰後、弱火で2分ほど煮ますここがポイント!

ゼリーと違い寒天は煮溶かす際に必ず沸騰させます。

寒天が固まらない原因の多くは、溶かしきれずに起こることが多いそうです。

材料を混ぜた寒天液は、パインを取り出した缶詰にパインと交互に流し入れ、

冷蔵庫で冷やし固めます。

缶からパイン寒天を取り出すときには、拍手と歓声が!

『ドラム缶』なるほど、納得です。

パイン缶からパイン寒天がつるん!!

カラフル夏野菜のパワーで夏の暑さも吹き飛びそう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トマトの炊き込みごはん、夏野菜のビールフリットなど、カラフルな夏野菜を

ふんだんに使った今回のメニュー。

調理方法をちょっと変えるだけで、身近な食材が豪華なおもてなし料理に大変身。

ぜひ、家族のそろうお盆につくってみたいものですね。