おうちでできる自家製酵母のパン教室

5月18日(金)Frederick日向まどか先生をお迎えし、パン教室を開催。

一般的なドライイーストではなく、自家製酵母をつかったパン作りに参加の皆さんの

期待は高まります!

 

まずは、百聞は一見にしかず。

日向先生の作られた「酵母液」をみなさんにプレゼント。

小瓶には茶褐色の酵母液が入っていて、ふたを開けてみるとプシュッという音と甘い香り。

 

いよいよパンづくり開始。

今日は材料を混ぜ、こねる作業までデモンストレーションしていただきます。

 

酵母液の音と香りを確認中

パン生地は力強くこねる

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで本日のポイントその①「こね上がりの状態をみる!」

こね上がった生地を実際に触ってグルテン膜を確認。

つづいて、ポイントその②「1次発酵の状態をみる!」

自家製酵母の場合、1次発酵に12時間ほどかかるため(季節により変化)

今日は事前に準備された生地をつかい、こちらも発酵後のやわらかさを触って確認。

 

次は、成形作業へ。

生地表面の膜を傷つけないように十分気をつけ、ロールパンと結びパンを作ります。

先生には、一人ひとり丁寧にパンの成形の基礎をご指導いただきました。

 

成形作業はやさしく丁寧に

特製サラダ&スープとともに

 

 

 

 

 

 

 

 

当社自慢のガスオーブンで焼きあがったパンは、見た目のかわいさに似合わず、

ずっしりと重く、食感ももっちりと弾力があり、大変食べ応えのあるパンでした。

先生特製スープも塩麹のやさしい味わいがとてもおいしく、今日のパンにぴったり。

ごちそうさまでした!